ヘルシートピックス

熱中症予防の「かきくけこ」

2017/08/01

日中は30度を超え、夜は寝苦しい暑さが続くと、体調を崩しやすくなります。

今回は熱中症予防のポイントをご紹介します。

                    sick_takansyou[1]

☆熱中症予防の「かきくけこ」

か 風通しを良くする

き 休憩をこまめにとる

く クーラーを上手に利用する

          特に寝苦しい夜はクーラーや扇風機を上手に使い、しっかり眠りましょう。睡眠不足は大敵です。

          ただし、冷やしすぎ風が直接体に当たるなどの使用は注意してください。

          クーラーと扇風機を併用できると適温に調節しやすいです。

け 健康管理は日頃からneru_man[1]

          毎日の十分な睡眠バランスの良い食事が抵抗力を強くします。

          暑さ対策も大切ですが、日頃から環境の変化に対応できる体力維持を忘れずに。

          でも、「気分が良くない」「体調がすぐれない」「腹痛」「頭痛」など体調に異変を感じたら、

          無理せず休みましょう。

こ こまめな水分補給

  1)水分補給のタイミング

          運動をしたり、たくさん汗をかいた時だけでなく、こんなときも必要です。

◎のどが渇いたと感じる前に こまめに、ゆっくり

◎寝起きや就寝前 冷たすぎないものを(常温でも可)

◎入浴前後 入浴中も身体の水分が失われます         

 

  2)水分補給に適した飲み物

◎水、麦茶

◎スポーツドリンク(特にスポーツ時) 糖分が含まれるので飲みすぎには注意!

5~15℃に冷やしたもの(目安は冷蔵庫程度)

◎経口補水液(汗をかくと体内の水分だけではなく、塩分も失われています)

☆手軽にできる経口補水液の作り方☆

①水1リットルに対し、砂糖40g(大さじ4と1/2)+食塩3g(小さじ1/2)

(飲みにくい場合はレモンやグレープフルーツ果汁を加えると飲みやすくなります!)

②水0.7リットルに対し無塩トマトジュース0.3リットル+砂糖40g(大さじ4と1/2)+食塩20g(小さじ4)

(特に下痢をした際のカリウム補給に有効です)

 

 08

※いずれも食事が摂れなくなるほど大量に飲む必要はありません。

※アルコール類やカフェイン、糖分が多く含まれるものは水分補給には適しません。

 

    ~~~体調管理に注意して、暑さに負けず、夏を楽しみましょう~~~